医師の資産形成について|大切な資産を守る術

利便性の高いお店を実現

レジスター

お店の売上改善に

軽減税率の対策に中小企業や小規模事業者が導入を検討しているposシステムとはどんなものなのでしょうか。posとは「Point Of Sales」という英語の略で、日本語では「販売時点情報管理」と言われます。昔ながらのキャッシュレジスターと違い、ネットワークに繋がり販売情報を集め分析される事でお店の売上の改善に役立てる事が出来ます。posレジを使うことで、どの商品が何時、何個、いくらの値段で売れたのか容易に分かります。蓄積されたデータを元に分析する事でお店側は売れ行きの予測を立て易くなるでしょう。キャッシュレジスターでは打ち間違いが起こる事も多くありましたが、posレジではバーコードスキャナーにより打ち込みの手間が減り、会計にかかる時間が大幅に短縮されるようになりました。現在ではposシステムの導入により、レジでの会計にも変化がみられます。posシステムによりセルフレジも可能になり、既にセルフレジを一部導入している店舗も最近ではよく目にします。お客がバーコードの読み込みを行い支払いまでを自ら完結させることで、レジでの待ち時間は短縮され、レジスタッフを必要としなくなるので人件費の削減にもつながります。posシステムはさらに決済においても変化をもたらしました。少額の決済でもクレジットカードを利用する方はおられるでしょうし、多様化している電子マネーによって支払いをしたいという方もいらっしゃるでしょう。現金で決済をする必要がなくなった為、重たい小銭を持ち歩く必要も無くなり、posシステムによってお客側の利便性も格段に向上しています。posはお店や企業は勿論、来店されるお客にとっても非常に便利なシステムです。