医師の資産形成について|大切な資産を守る術

自分のお店を開業しよう

店舗

開業から経営までの流れ

皆さんこんにちは。今回は、店舗を開業し経営するまでの流れを詳しく説明します。店舗開業をお考えのかた必見です。店舗開業するにあたってまず必要なこと、それはお金と開業する場所です。売り店舗を購入する場合と1から店舗を建てる場合では費用が異なる為、ある程度の予算と貯えが必要です。資金を借りるにしてもしっかりとした経営と返済プランがなければお金を借りることは出来ないので事前の資金はある程度用意しておいてほうが良いでしょう。そして開業場所ですが、店舗の立地の善し悪しが売れ行きに大きな影響を及ぼす為慎重に選ぶことが大切です。集客が多い施設が付近にあるか、大きな駅や道路に面しているかなどあらゆるポイントから総合的に考えましょう。店舗の建設や購入が終わったら次は開店準備です。どんなお店にしたいか、イメージやコンセプト、顧客の年齢層に合わせた商品の準備、陳列などを行います。店舗のレイアウトによって集客数が違って来るため顧客に合わせた店舗のイメージをあらかじめしっかりと持っておいてください。次に商品の仕入れです。気をつけたいのは仕入れ先です。仕入れ先を一社だけにしてしまうと不利な取引を強要される可能性があるので仕入れ先は複数にすることをオススメします。そして売上高を予測しておき、在庫管理の仕組みを作ります。店舗の経営は、1日だけの売り上げだけでなく長い目でみた売上げが必要になるため、経営目標は1日事でなく3〜4年先の経営目標をしっかりともって下さい。店舗開業まであと一歩のところまできました。最後に開業届けを出します。いよいよ経営です。開業したからといっても顧客はつきません。独自の経営方針に基づいて店舗の宣伝することも顧客集客に必要です。ここまでいかがでしたか。店舗開業をお考えのかたは是非参考にしてください。